HOME » 業務案内 » 経営改善・患者サービス » MRPベンチマークシステム

MRPベンチマークシステム

MRPベンチマークシステムとは?

自治体病院共済会では、エム・アール・ピー社の「MRPベンチマークシステム」を取り扱っております。「MRPベンチマークシステム」は、全国の医療機関の最新購入価格(医療材料・医薬品・試薬)をインターネット上で照会・比較することができるシステムです。
このシステムは、マスタの検索機能、同種同効品比較、ABC分析等、病院の医療材料に関する問題解決のための機能がそろっており、利用病院も多いことから、ベンチマークの精度が高いのが特長です。
現在は「Version5」にバージョンアップし、新たな機能が追加され、ご利用される病院にとって様々な役立つツールを提供してくれるはずです。

  • 他施設判定比較
  • 区分別実績推移
  • ベンチマーク検索結果

MRPベンチマークシステムの主な特長

[特長1]  「見える化」でグラフ化。グラフ表示により、一目で比較検討

登録された品目を全国平均単価と5段階で判定するだけでなく、数量との関係もグラフ表示します。「Version5」で、病院区分・エリア・病床規模による色分け、過去履歴の表示など、分析や交渉に活用しやすくなりました。

[特長2]  分類別・業者別のレポート作成・印刷が可能に

購入数量を加味し、分類別・業者別などの「実績レポート」「判定レポート」が作成・印刷できます。

[特長3]  インターネット環境があれば、いつでもどこでも利用可能です

インターネットなので、いつでも導入できます。特別なソフトは必要ありません。ご契約期間内は毎月病院の購入実績をご提供いただき、購入価格の更新・品目の追加はMRP社で全て行います。また、ワンタイムパスワード制を採用しているため、セキュリティ面も安全です。

[その他の特長]

  • ・JANコードを基に多数施設の最新購入価格をデータベース化しています。
  • ・他施設価格のダイジェスト(最大・平均・最小)および価格一覧ファイルがダウンロードできます。
  • ・他施設価格については、病院名は秘匿されます。
  • ・当院価格と他施設価格の比較判定が5段階で受けられます。
  • ・登録品の一括検索ができます。
  • ・参加施設数は約750施設です。(平成30年4月1日現在)
参加施設数
03-3263-3397
このページのTOPへ