HOME » 業務案内 » 医療機器等のリース事業

医療機器などのリース事業

医療機器等のリース事業も当社の主要な業務の一つです。「共済会リース」は、病院が医療機器等を整備する際
当社が病院の代わりにその機器を購入し、貸し出すシステムです。
病院からはリース期間に応じたリース料を均等払いでお支払いいただきます。
リース物件については、20万円以上であればどのような機器でもご利用いただけますが、特に、技術革新の著しい
コンピュータや高額医療機器等はリースに適しております。「共済会リース」は、リース料の安さでご好評をいただいております。これは、ご利用病院が自治体病院であるため、金融機関からの信用が厚く、常に低金利で資金調達が出来ることによります。 ご検討されている案件があれば、是非、お気軽にお問い合わせください。

医療機器をリースするメリット

1.年間経費は少額で高額医療機器等の整備が可能。
2.医療機器等の劣化への回避が可能。
3.より効果的に医療機器等を設置することが可能。
4.当該機器の毎月の所要経費の把握が可能。

共済会リースの流れ

共済会リースの流れ

リースの手順 リース料の算出方法
医療機器等のリース事業

  • 全国病院自治体病院協議会
  • 医療手帖
このページのTOPへ